日本の大丈夫保障などについて勉強していました

セキュリティカバーについて勉強しました。1951時のサンフランシスコ安泰条約の申し込みによって主権を回復した日本は、一気にアメリカ合衆国との間で締結したお日様米セキュリティカバー条約(1960時に修正)の下で、アメリカ合衆国と協力する方策をとってきたそうです。その間、自衛隊は「一部分かつ小型侵略に原則として独力で対処する」という狙いの下で、専守防衛の主義でのぞんできました。こういう日本のセキュリティカバー方策の基本は、冷戦エンド後の現在も堅持されている。1978時、お日様米両政府は「お日様米プロテクトコンビプレイのための方針(アドバイス)」に納得し、米軍と自衛隊が方策分担などの内容を共同で考えることを決めたそうです。1996時にお日様米セキュリティカバー体制の使い道を改めて確認したお日様米セキュリティカバーコラボレーション断定が出されました。1997時にアドバイスの前進(新アドバイス)がおこなわれました。その結果、1999時にいわゆる「界隈情況法」が成立しました。知らない声明があって勉強になりました。